地域活動・コミュニティ

  • 学会・宗教界の動向

    社会参加・社会貢献する仏教 2015年度から3年間、BSR推進センターが中心となって日本学術振興会科学研究費・挑戦的萌芽研究「多死社会における仏教者の社会的責…

  • 「集いの場」づくりから学ぶこと

    コミュニティカフェ実施報告(続) 講義と研究を掛け合わせ、多様な人々が顔を合わせ、互いを知る「集いの場」としてのコミュニティカフェ(前回記事参照→援助希求を発…

  • 高齢者ケアに僧侶はどう関われるか?

    未体験ゾーンへの突入 今や日本の高齢者(65歳以上)が全人口に占める割合は27%にまでのぼり、昨年、亡くなった人の数は134万人、十数年後には160万人を超え…

  • 援助希求を発見する「集いの場」づくり

    都市型コミュニティの課題 社会学者の広井良典は、都市型コミュニティを、「個人の独立性が強く、またそのつながりのあり方は共通の規範やルールに基づくもので、言…

  • 地域とともに生きる寺院のあり方を考える

    地域寺院倶楽部シンポジウム「まちに開く、まちを拓く~地域とともに生きる寺院の姿~」の様子をレポートします。(2月22日(木)開催:大正大学1号館大会議室)。 …

  • BSR推進センター

    BSR推進センターとは BSRとは、Buddhist Social Responsibility(仏教者の社会的責任)の意味で、社会貢献活動だけではなく、これ…