雇用・労働

  • 地方圏での在留外国人の急増の背景

    中小・小規模事業者をはじめとした人手不足に対応するため、新たな外国人労働者受入れの仕組みを構築する方針が打ち出されたことを受けて、開会中の臨時国会において、新し…

  • 継続雇用年齢引き上げに併せ、セカンドキャリア支援の強化を

    継続雇用年齢引き上げは有力な政策だが、一律の引き上げは難しい 人口減少、少子高齢化の進行で、人手不足が深刻だ。政府は、外国人労働者の受け入れ拡大を急ぐとともに…

  • 首都圏一極集住の進展と地方圏に住む外国人人口の急増

    政府は本年6月、「骨太の方針2018」において、外国人労働者の新たな受入れの方策を打ち出した。中小・小規模事業者をはじめとした人手不足への対応として、従来の専門…

  • 「勤務間インターバル制度」の導入が企業の努力義務に

    労働時間に関する新たなルールの登場 6月末、働き方改革関連法が成立した。この法律は、政府が提唱する働き方改革を推進するため、8本の労働関係法を束ねて改正したも…

  • 新たな局面を迎えた外国人労働者の受け入れ

    深刻な人手不足で外国人労働者の受け入れを拡大 人手不足が深刻だ。有効求人倍率(全国)は1.60(2018年5月)、全都道府県で求人件数と求職者数が均衡する水準…

  • 高度プロフェショナル制度─何が問題なのか

    脱時間給導入の是非が争点に  終盤を迎える通常国会、「働き方改革関連法案」のゆくえに注目が集まる。「高度プロフェショナル制度」(高プロ)という脱時間給導入の是…