養老孟司

1937年、鎌倉市生まれ。東京大学医学部卒業後、解剖学教室に入る。1995年、東京大学医学部教授を退官し、同大学名誉教授に。1989年、『からだの見方』でサントリー学芸賞を受賞。
著書・共著多数。近著として 、『遺言。』(新潮新書)、 『半分生きて、半分死んでいる』(PHP新書)などがある。

最近の投稿

  • 建築の葬式

  • 歌と記憶

  • 私の京都

  • 古いものと同じもの

  • 世間の変化

投稿一覧

Profile