山本繁

現職
大正大学 地域構想研究所「教育による地域創生チーム」 副リーダー
大正大学 エンロールメント・マネジメント 研究員
追手門学院大学 大学教育再生加速プログラム 外部評価委員
日本学術振興会 大学教育再生加速プログラム プログラム委員

専門領域
大学・専門学校・NPOの経営、若者支援

ミッション
大学を起点に、みんなが幸せに生きていける社会をつくる。

【オフィシャルサイト】
https://shigeruyamamoto.themedia.jp/

【BLOG】
note

最近の投稿

  • 現代の職業が求める2つの能力

  • 子供・若者たちの成長の”インフラ”

  • 「福利厚生制度の充実」と”現実”とのギャップ

投稿一覧

Profile

略歴 社会起業家・教育実践家。教育NPO・NEWVERY Founder。東京都出身。

2002年慶応義塾大学環境情報学部卒業と同時にNPO法人NEWVERYの前身を創設。2009年法人化。NEWVERYでは、無業・非正規雇用の若者支援を実践。その後活動を大学教育・経営の支援、教育寮(レジデンシャル・エデュケーション)の開発・普及、若いアーティスト・クリエイター支援に展開。日本における若者支援・教育改革の推進、及び社会起業家という生き方の普及につとめた。

2017年3月にNEWVERY理事長を退任し、同年4月から大正大学地域構想研究所、12月から同エンロールメント・マネジメント研究所に所属。大学業界の内側から大学改革の推進につとめるほか、複数大学の将来構想・カリキュラム改革・中退対策・学生募集などのアドバイス、教育系企業・NPOの経営サポートをつとめる。2012年7月から2013年3月まで文部科学省高等教育局高等教育企画課「高等教育政策室」に専門調査員として勤務、2012年9月から2015年3月まで中央教育審議会高大接続特別部会の臨時委員。「日本の社会起業家30選」(週刊ダイヤモンド)や「日本を立て直す100人」(週刊AERA)に選ばれるなど多方面で活躍。
 ミッションは「大学を起点に、みんなが幸せに生きていける社会をつくる」。
受賞歴、公的委員会等への参加歴 2002年 NEWVERYの前身を創設。
2005年 NEC社会起業塾(現社会起業家イニシアティブ)特別メンバー。
2006年 NEC社会起業塾塾生。
2007年 ソーシャルビジネスコンペティション「STYLE 4th」優秀賞受賞。
2009年 NEWVERYを法人化。週刊ダイヤモンド「日本の社会起業家30選」に選出。
2011年 AERA「日本を立て直す100人」に選出。
2012年 文部科学省高等教育局高等教育企画課「高等教育政策室」の専門調査員に就任。中央教育審議会高大接続特別部会臨時委員に就任。
2014年 日本学術振興会「大学教育再生加速プログラム」プログラム委員に就任。
2015年 広島県の教育を考える懇談会(座長:湯崎英彦広島県知事)委員に就任。
2017年 NEWVERY理事長を退任。大正大学地域構想研究所に異動(12月からエンロールメント・マネジメント研究所兼務)。奄美大島総合戦略推進本部「奄美大島大学等設立可能性調査有識者会議」委員に就任。