古田尚也

現職
大正大学地域構想研究所教授
IUCN日本リエゾンオフィス コーディネーター

専門領域
環境政策、持続可能な地域づくり

研究分野
自然資源を活用した地域づくり

最近の投稿

  • 『生物多様性ホットスポット』その保全と活用を考える

  • 最上町「里山再生ふるさと塾『総括フォーラム』」 で古田教授が講演しました

  • 「生物多様性民間参画パートナーシップ 第6回会員会合」にて、古田教授が講演しました

  • 【著書出版】地域構想研究所 古田尚也先生分担執筆「決定版!グリーンインフラ」が発売

  • 【著書出版】地域構想研究所 古田尚也先生分担執筆「ケースでわかる防災・減災 企業・自治体対応の最前線」が発売

投稿一覧

Profile

経歴 東京大学大学院農学生命科学研究科博士課程単位取得退学。
三菱総合研究所を経て、2009年よりIUCN(国際自然保護連合)の日本オフィスにおいて生物多様性に関する国内外の政策展開に従事する。
著書・出版 1. Furuta N. and Y. Shimatani, Integrating ecological perspectives into engineering practices – perspectives and lessons from Japan, International Journal of Disaster Risk Reduction (in press)

2. 古田尚也「ロングトレイルとしての四国八十八箇所巡りの可能性」五十嵐敬喜・岩槻邦男・西村幸夫・松浦晃一郎編著「回遊型巡礼の道-四国遍路を世界遺産に」ブックエンド、p120-133、2017

3. 古田尚也「巡礼の道と自然歩道」ビオシティ No.72、p102-109、2017

4. 古田尚也「減災のためのグリーンインフラ」グリーンインフラ研究会編「決定版!グリーンインフラ」日経BP社、p81-88, 2017

5. Monty, F., Murti, R. and Furuta, N. Helping nature help us: Transforming disaster risk reduction through ecosystem management. Gland, Switzerland: IUCN. 2016, vi +82 pp

6. Furuta, N., Ecosystem-based disaster risk reduction: a review of recent progress and remaining gaps in Nishida H., J. Yokoyama, S. J. Wagstaff and P, Callomon (Eds.), Disaster and Biodiversity, Biology International Special Issue No 36, International Union of Biological Sciences, 2017, p154-163

7. Ono T, T. Hongo, K. Yamamoto and N. Furuta, Mount Fuji’s history as a spiritual realm and means for its preservation, 159-170 in Verschure B. and N. Furuta (Eds.), Asian Sacred Natural Sites – Philosophy and practice in protected areas and conservation, 2016, Oxon: New York, Routledge, Xviii, 340頁

8. Furuta N. and S. Seino. (2016) Progress and gaps in Eco-DRR policy and implementation after the Great East Japan Earthquake in Renaud, F.G., Sudmeier-Rieux, K., Estrella, M., Nehren, U. (Eds.), Ecosystem-Based Disaster Risk Reduction and Adaptation in Practice, Springer International Publishing Switzerland, 2016, XXII, p. 598

9. 古田尚也、環境NGO と国際環境政策、鷲田豊明・青柳みどり編「環境を担う人と組織」岩波書店、115-136、2015

10. Dudley, N., Buyck, C., Furuta, N., Pedrot, C., Renaud, F., and K. Sudmeier-Rieux (2015). Protected Areas as Tools for Disaster Risk Reduction. A handbook for practitioners. Tokyo and Gland, Switzerland: MOEJ and IUCN. 44頁

11. 古田尚也、自然の聖地―保護地域管理者のためのガイドラインについて、国立公園718、12-15、2013

12. 古田尚也、山崎厚子(訳)、自然の聖地-保護地域管理者のためのガイドライン、128頁、生物多様性JAPAN, 2012(Wild, R. and McLead, C. 2008. Sacred Natural Sites Guidelines for Protected Area Managers. Gland: IUCN)

13. 古田尚也・山崎厚子(訳)、保護地域管理カテゴリー適用ガイドライン、106頁、世界保護地域委員会日本委員会(WCPA-J)、2012(Dudley, N. (Editor) (2008). Guidelines for Applying Protected Area Management Categories. Gland, Switzerland: IUCN. x + 86pp.)

14. 古田尚也、保護地域のガバナンスと「地域制」、国立公園 698、25-28、2011

月刊「地域人」に毎月連載