小川有閑

現職

大正大学地域構想研究所・BSR推進センター主幹研究員

東京医科歯科大学 非常勤講師

こども教育宝仙大学 非常勤講師

専門領域

宗教学

研究分野

仏教者の社会的責任、自死対策、グリーフケア

最近の投稿

  • 現代の「苦」を見つめる

  • さまざまな現場の声をきく

  • 「超高齢・多死社会への新しいケア・アプローチ」が科研費に採択されました。

  • 学会・宗教界の動向

  • 高齢者ケアに僧侶はどう関われるか?

投稿一覧

Profile

経歴 1977年 東京生まれ
2000年 早稲田大学政治経済学部 卒業
2005年 東京大学大学院人文社会系研究科 修士課程修了
2010年 東京大学大学院人文社会系研究科 博士課程単位取得満期退学
2010年 東京医科歯科大学 非常勤講師
2016年 宗教法人浄土宗蓮宝寺代表役員・大正大学地域構想研究所BDR推進センター主幹研究員
2017年 こども教育宝仙大学 非常勤講師
研究業績 「新聞・宗教・文明開化ー明治初年の新聞に見る教部省政策をめぐる議論の変遷」(『東京大学宗教学年報』第23号、2005年)

「井上毅の国体教育主義における近代国学の影響」(『東京大学宗教学年報』第26号、東京大学宗教学研究室、2008年)

「自死者のゆくえー僧侶なりの自死遺族支援の形」(国際宗教研究所編『現代宗教2011』秋山書店、2011年)

「自死者と遺族の対話ー宗教的グリーフケアへのー視座ー」(東洋英和女学院大学『死生学研究所死生学年報2012』リトン、2012)

「明治憲法制定に至る国体論ー国家神道成立過程のー断面ー」(大正大学宗教学会『宗教学年報28』大正大学宗教学会、2013)
最近の活動 浄土宗僧侶として蓮宝寺住職をつとめるかたわら、自死・自殺に向きあう僧侶の会、一般社団法人 The Egg Tree Houseなどで自死対策やグリーフケアに従事している