インバウンド観光の現状と現場

著者
大正大学地域構想研究所研究員
李崗

地方へのインバウンド観光の浸透が量質ともに加速

人口流出や基幹産業の衰弱、第一次産業の衰退など、様々な課題に直面している地方自治体にとって、観光は残された選択肢の中で手取り早くしかも有望な産業の一つである。近年、外国人旅行者の急増が追い風になり、「いかに地域の魅力をアピールし、人の流れを自地域に引きつけるか」をめぐって、各地域では様々な取り組みが広がっている。

なかには、日帰り客より宿泊を伴う観光客が地域に高い経済効果をもたらすとされている。観光客の滞在時間を伸ばし、滞在期間中に充実で楽しい時間を過ごしてもらうためには、多様な体験プログラムの用意や広域周遊ルートの整備が必要である。官民産学による一連の取り組みの結果、2012年に855万泊だった地方部の外国人延べ宿泊数は、2017年には3,188万人泊にも達し、3.7倍も増加した。香川県のような、5年間で10倍近く増加した県も現れたほどである。都市部から地方部へのインバウンド観光の浸透の勢いが垣間見られる。政府が地方部での外国人のべ宿泊者数を2020年には7000万人泊に、2030年には1億3000万人泊に増加させるという新な目標を打ち出している。今後、インバウンド観光の地方部への浸透がますます深化すると予想される。

外国人旅行者の消費形態を見ると、「モノ消費」から「コト消費」へ移行していることが観光庁の調査で明らかになった。近年、「爆買い」の代表とされる中国旅行者をはじめ、アジアからの旅行者においても、三大都市圏以外の日本を訪れ、特色ある地域文化に触れる観光、すなわち体験型観光への参加者数は右肩上がりになっている。観光庁が2017年、東アジア近隣4か国・地域の訪日外国人旅行者を対象に実施した「訪日回数と消費動向の関係について」の調査により、訪日回数が増えると、個人旅行で地方を訪れる割合が高くなる傾向があることが分かった。また同調査では、初回の訪日の滞在中に「ショッピング」を最大の目的とした旅行者でも、訪問回数の増加につれて「日本の酒を飲むこと」や、「温泉入浴」、「歴史・伝統文化体験」などへと、観光行動パターンがシフトしていくことが示された。

上述のように、現在、地方では外国人旅行者による滞在者の流入と滞在時間の延長が同時進行している。その相乗効果により、旅行者と地域住民が接触する場面、いわゆるコンダクト・ゾーンが地域全体に拡散し、その密度と強度を増していることが容易に想像できる。従来の観光では、ホテルや旅館、飲食店、土産屋といった限られた空間のほか、地域住民が直接外国人旅行者と接触する機会は数えられるほどでしかなかった。今の時代では、ほぼすべての住民にとって、外国人旅行者はすぐそこにある存在であり、インバウンド観光は身近の出来事になっている。特に、近年各地での体験型観光の進展にともなって、外国人旅行者への対応は接客のプロだけの仕事ではなくなっている。極端に言えば、地域住民はいつどこで地域の代表として「日本的おもてなし」を求められるかですら予想できない状態に置かれている。

観光振興に求められる住民啓発

他方、少子高齢化による労働人口不足を補うために、政府が外国人材の受け入れを積極的に推進している。その結果、観光者のほか、外国人労働者による地方への人口流入も顕著である。外国人観光客の誘致と外国人材の受け入れは、異なる分野で人口減少時代の「地方創生」という国策を実現するための対策として位置付けられているが、両者は地域住民の異文化理解、多文化共生の能力の養成という課題を共有している。平成27年に豊島区が実施した調査「豊島区外国人区民意識調査結果」では、豊島区が国際化を進めていくにあたり、どのようなことが必要だと思うかを聞いたところ、「Wi-Fi 環境の整備」が 50.0%と最も高く、次いで「地域住民の国際理解の促進」(35.4%)になっている。

さらに、IT技術の急速な発展とその応用が、もの・人・情報のフローの流動の加速化に加担している。こうして、都市・地方を問わず、国全体がグローバル化の時代に突入している中、地方にとって今推進している観光振興は、第二の門戸開放ともいえる事態である。

このような背景のもとに、観光地域づくりプラットフォーム(日本版DMO)に期待される役割の一つに、観光教育を含む住民啓発が挙げられる。体験型観光を成功させるには、地域住民と観光者の両方にとって着心地の良いコンダクト・ゾーンを構築することが不可欠である。地域住民に自地域の文化への自信を自覚させながら、異文化交流への不安を解消し外国人対応の経験の蓄積の過程をフォローすることが、「住んでよし、訪れてよし」の実現を目指す日本版DMOに課される使命である。実際、日本各地ですでにこのような取り組みが行われている。その事例の紹介は次回にする。

2018.09.28