巣鴨商店街、大正大学をフィールドとしたグリーンインフラ研究の 拠点準備事業

グリーンインフラ プロジェクト

プロジェクトの概要

▼背景
▼これまでの活動内容

背景

大正大学が立地する豊島区は、東京 23 区で唯一の消滅可能性都市とされ、特に子育て世代や女性にとって魅力ある街づくりを行っていくことが喫緊の課題となっている。また、近い将来発生することが予想されている首都直下地震や地球温暖化に伴うゲリラ豪雨やヒートアイランドなど災害に強い街づくりを進めていくことも大きな課題となっている。こうした中、豊島区ではグリーン庁舎の整備や南池袋公園の整備、また、池袋駅東口再開発における歩行者中心の街づくりなど、緑や自然をうまく活用しながら、街の魅力アップを図りつつ、災害に強い街づくりを目指した施策を展開している。このように緑や自然の多機能性をインフラの一部として活かすというアプローチは、「グリーンインフラストラクチャー(グリーンインフラ)」とも呼ばれ、わが国政府においてもこれを推進することが国土利用計画や社会資本整備基本計画の中に盛り込まれている。さらに、海外でもニューヨークや欧州などで、グリーンインフラの考え方による都市整備・インフラ整備が急速に進んでいる。

こうした背景の中、本研究プロジェクトは、大正大学が豊島区におけるグリーンインフラ研究・普及啓発の拠点となるために、キャンパス屋上へのルーフトップガーデンの整備や、それに関連した各種の研究活動や教育活動を実施していくことを目的としている。大正大学では、これまでも学生、教職員が一体となって、「すがも花街道プロジェクト」を進めてきており、また、連携自治体と協力した「すがもプロジェクト」なども実施している。本研究プロジェクトは、これらの巣鴨商店街をフィールドとした既存のプロジェクトとも連携を行うことも想定している。

 

プロジェクトの全体像

これまでの活動内容

平成 29 年度の主な活動実績は以下の通りである。

 平成 28 年 1 月から大正大学キャンパスにおけるグリーンインフラについて、学内外の関係者とともに検討(「としまグリーンインフラ研究会」を組織)

 平成 29 年 4 月から、銀座ミツバチプロジェクトと連携して 7 号館テラス部分におけるサツマイモ栽培など先行的に開始  平成 29 年 10 月、初年度のさつまいも収穫(約 10kg)

 平成 29 年 11 月には、九州大学島谷幸宏教授を迎えて、学内外の関係者と雨水の活用に関するワークショップを開催→その内容については朝日小学生新聞にも掲載

 平成 29 年 11 月 本活動について「トヨタ自動車環境活動助成プログラム」より活動助成金を得ることが決定(平成 30-31 年度)

 平成 30 年 1 月 養蜂についてのフィージビリティスタディの実施(コロンバン原宿本社への訪問など)

 平成 30 年 3 月 コンソーシアムすがも花街道、笑むすび家と連携して味噌作りワークショップを開催

雨水ワークショップの成果