【7/8(日)9:45~開催】「高校や地域の課題解決を志向する連携実践者に学ぶ会」のご案内

著者
大正大学地域創生学部教授
浦崎太郎

「高校や地域の課題解決を志向する連携実践者に学ぶ会」2018/7/8(日)

昨今、各地で講演会に飛び回っておりますが、その中で感じるのは「高校と地域の連携に関する」課題・問題意識を強く持っている方が非常に多くいらっしゃるということです。

そして、そうした方々は一様に、とても情熱的に地域改革をしたいという熱い思いをお持ちです。ついつい、私も熱く語り合う全国行脚が続いております。

さて、こうした皆様の思いを感じ、みなさんで一堂に会し学ぶ会を企画しました。

一般的に、高校では「高大接続」「主体的・対話的で深い学び」「探究活動」「社会に開かれた教育課程」等々への対応が、それぞれ喫緊の課題となっていますが、これらは別個の課題として認識され、それゆえ「やることが多すぎて手をつけられない」と考えられています。また、個々の課題に別々の機関や部署が対応し、十分な成果を収められない例も、少なからず目にとまります。

それとは対照的に、高校・地域・大学が連携し、各々の関係者が“主体的・対話的に深く学ぶ”ことを通して、これらの課題を一体的に解決しようと挑戦を続け、成果を収めつつある事例も存在します。

そこでこのたび、大正大学地域構想研究所も連携支援に加わっている高校や地域からキーパーソンを招き、ご関心をお持ちの皆さまに優良事例をご紹介するとともに、連携の進展にむけた相談もできる機会を用意しました。

「e-ポートフォリオ対策が後手に回らないよう、夏休みを有効に活用してほしい」「第4回高大接続フォーラム(7月28日・大正大学)にむけて、e-ポートフォリオに対するリアリティを高めてほしい」という願いから、緊急に開催することとしましたので、ぜひこの機会をご利用ください。

高校や地域の課題解決を志向する連携実践者に学ぶ会

○ 主催:大正大学地域構想研究所(教育による地域創生チーム)
○ 対象:高校と地域の連携に関するリアルや実務に関心をお持ちの方
○ 日時:2018年7月8日(日) 9時45分~12時30分
○ 会場:大正大学 ラーニングコモンズ1 (3号館2階)
○ 定員:60名
○ 会費:無料
○ タイムテーブル:
9:45~ 9:50  開会挨拶・趣旨説明
9:50~10:20  事例発表① <岐阜県飛騨市> 吉城高校 YCKプロジェクト
10:20~10:50 事例発表② <山形県最上地域> SHINJO・MOGAMI ジモト大学
10:50~11:10 講話 e-Portfolio等の課題に対する「高校・大学・地域」三者連携の有効性
11:10~12:10 相談タイム(‥登壇者や他の参加者に)
12:15~12:25 情報提供 大正大学地域創生学部「地域人材育成入試」について
12:25~12:30 閉会挨拶・事務連絡

○ 申込: 以下のリンク先で参加登録をお願いします。
専用フォーム https://goo.gl/forms/M62WlXOnRM7dA3gP2
締切:7月4日(水)23:59

○ 備考:申込者多数の場合には、地方の方・高校関係の方を優先させていただきます。

2018.06.28