7月28日(土)高大接続システム改革フォーラム「どうなる?どうする?e-ポートフォリオ」開催のお知らせ

大正大学(学長:大塚伸夫、所在地:東京都豊島区) では、平成28年度より継続して高大接続システムに関する研究会を行っています。

この度、4回目の研究会となる「高大接続システム改革フォーラム」を2018年7月28日(土)に開催します。本フォーラムは、高校教職員および大学教職員を対象に「e-ポートフォリオ」をテーマとして、大学入学者選抜テストの策定に深く関わった文部科学省担当者と、多面的・総合的評価に向けた取り組みであるe-ポートフォリオ開発・活用に関して中心を担われている方からの基調講演をいただきます。さらに「高校現場」からの報告を踏まえ、高大接続の将来像について意見交換を行います。

開催日 2018年7月28日(土) 14:00~17:20

 

 

<背景>

高大接続改革にあたっては、高等学校教育改革、大学教育改革、そしてそれを繋ぐ大学入学者選抜改革を三位一体で進めていくことが重要です。しかし、それぞれに多くの課題が残されています。
特に、大学入学者選抜については、最終報告を受けて「学力の3要素」(「知識・技能」「思考力・判断力・表現力」「主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度」)を多面的・総合的に評価するものへ改善することが求められていますが、具体的な手段や手法については高校、大学ともいまだ模索しているところです。

本フォーラムでは、高校教職員および大学教職員を対象に「eポートフォリオ」をテーマとして、大学入学者選抜テストの策定に深く関わった文部科学省担当者と、多面的・総合的評価に向けた取り組みであるeポートフォリオ開発・活用に関して中心を担われている方からの基調講演をいただきます。
さらに「高校現場」からの報告を踏まえ、高大接続の将来像について意見交換を行います。
多くの皆さまのご参加を、心より歓迎申し上げます。

⇒フォーラムの詳細&参加申し込みはこちら

2018.06.19