創立5周年記念 公開シンポジウムの開催

~ソサエティ5.0時代 東京の大学がかかわる地域再生への道~

大正大学地域構想研究所は、10月に創立5周年を迎えます。

我が国には、少子化・高齢化・人口減少・東京一極集中といった様々な課題が山積しています。そのなかで本学は「地域主義」を掲げ、教育・研究の立場で地域創生に貢献することを表明。その証として地域連携(自治体コンソーシアム)、大学間連携、企業団体連携、情報誌「地域人」の発行などを積極的に推進してきました。また、平成27年に設置した地域創生学部も完成年度を迎え、来年3月には「地域創生人財」として斯界に送り出すことになりました。

この度、こうした5年間にわたる取り組みについて中間的な総括を行うと同時に、「ソサエティ5.0」に代表されるこれからの超スマート社会を地域がどのように受け止め、創生の糧にしていくのか、というテーマで公開シンポジウムを企画いたしました。

日時

2019年11月6日(水)13:00~16:30 (受付12:30~)

会場

学士会館 2階210号室

住所

東京都千代田区神田錦町3-28(地下鉄「神保町」駅下車A9出口から徒歩1分)

定員

150名 ※定員になり次第締め切らせていただきます。

プログラム

開 会(特別スピーチ)

『地域人』編集長の見た地域構想研究所5年間の歩み /渡邊 直樹 客員教授

第1部 基調講演 地域構想研究所のこれまでの取り組みと未来への提言

ゲストスピーチ   /岡本 薫明 財務事務次官(予定)

ご挨拶 「地域創生への思い」    /清成 忠男 地域構想研究所 所長

基調講演①「地域人材育成の視点から」 /鎌田 薫  地域構想研究所 最高顧問

基調講演②「経済学の視点から」    /小峰 隆夫 地域創生学部 教授

第2部 パネルディスカッション

「働き方の視点」     /金子 順一 地域構想研究所 教授

「地域政策の視点」    /首藤 正治 地域構想研究所 教授

「環境保全と活用の視点」 /古田 尚也 地域構想研究所 教授

「AI・スマート時代の視点」/大野 泰敬 (株)スペックホルダー 代表

(ファシリテーター): 柏木 正博 地域構想研究所 副所長

閉 会

髙橋 秀裕 大正大学 学長

お申し込み

FAXからのお申込みはこちら

2019.10.07