大正大学が『大学は美味しい‼』フェアに初出展

大正大学が新宿高島屋にて2016年5月26日(木)~31日(火)に開催される「第9回『大学は美味しい!!』フェア」に初出展します。

「大正大学 大学は美味しい!!ポスター」

出展商品は、大正大学×南三陸コラボ商品「やっこいタコ」缶

大正大学は3.11以来南三陸の復興支援を継続しており、「産業の再生の遅れ」という課題が存在しています。そのような中、宮城県水産業振興様と南三陸の事業者「南三陸おふくろの味研究会」様の協力を得ながら学生が南三陸の特産品であるタコ使用した「やっこいタコ」缶詰を企画開発しました。

大正大学×南三陸コラボ商品「やっこいタコ」缶
※「第9回『大学は美味しい!!』フェア」に出展する「やっこいタコ」缶の売り上げは、南三陸おふくろの味研究会を通じて南三陸町に還元されます。

第9回『大学は美味しい!!』フェア

期間:2016 年 5⽉ 26 ⽇(⽊)から31 ⽇(⽕) 10時〜 20時(開場15時30分〜)最終⽇は18時まで

会場:⾼島屋新宿店 11階 特設会場(⼊場無料)

詳細はこちら

大学は美味しい!!フェア

大学の研究室で生まれた“大学ブランド食品”。としてスタート。今年で9年目をむかえる。教授と学生たちがその開発に携わった“大学発”のうまいものをご紹介する新宿タカシマヤの人気の催事になっている。地元の名産品・自慢の食材を新たな視点で製品化したり、研究・実習の過程で生まれたものを応用するなど、その取り組み方や成り立ちはさまざま。その「食」への取り組みは常に話題となり、大学とメーカーが開発した産学連携商品も続々と登場し、いまや「食の学園祭」としてひとつの流れを作りつつある。今年度も全国から33大学が参加し、首都圏市場に向けたプロモーション活動を行う。

この件に関するプレスリリース

大正大学が第9回『大学は美味しい!!』フェアに初出展―学生が南三陸の名産品を使用した缶詰を企画

2016.05.20