第3回大正大学日本版DMOセミナーを開催しました

9月20日(水)、大正大学2号館において、第3回大正大学日本版DMOセミナーを開催しました。全国から約50名の方にお集まりいただきました。今回は、株式会社KPMG FAS・谷本千春氏と、(一般社団法人)雪国観光圏代表理事・井口智裕氏をお招きしてご講演をいただきました。
第3回の中心テーマは、観光地域づくりにおけるブランディングについて。まず、ブランド観光地域づくりの要件について、谷本氏に話していただきました。観光形態が滞在交流型観光へ転換しつつある中、地域独自の価値(地域のDNA)を核とするブランド形成の意義と必要な取り組みについて解説していただいた上で、地域の多様な関係者が連携し同じ価値観・方向性で取り組むためのインターナル・ブランディングの手法について説明していただきました。
続いて、ブランド観光地域づくりの代表事例・雪国観光圏におけるブランドの確立について、井口氏にご紹介いただきました。「100年後も雪国であるために」というビジョンのもとで、ブランドの明確化、ブランド価値の提供、ブランド管理といったブランド観光地域づくりの要件を一つ一つ満たしてきたプロセスについて、具体的な取組みを交えながら説明していただきました。
2名のゲスト講師のご講演に対して清水先生に解説していただいた後、講師とセミナー参加者との質疑応答を交えながらセミナーが進行し、合意形成や人材育成、行政とのかかわりなどについて活発な意見交換がなされました。


2017.09.27