最上町「里山再生ふるさと塾『総括フォーラム』」
で古田教授が講演しました

平成29年3月25日(土)、山形県最上町において、最上町役場まちづくり推進室が開催した「最上町「里山再生ふるさと塾『総括フォーラム』」で、地域構想研究所教授の古田尚也先生が講演を行いました。
講演のテーマは「すがもプロジェクト花一輪のまちづくり~都市部におけるグリーンインフラの可能性」。同時に、地元のお母さんたちが運営する農家レストラン「満沢たらふく工房」のオープニングセレモニーも同じ会場(みつざわ未来創造館らいず)で行われました。
最上町は、大正大学の連携自治体のひとつで、昨年も地域創生学部の学生が2ヶ月間の現地実習を行っています。

kouen

≪講演中の古田先生≫

関連情報
最上町の関連記事は『地域人』第12号に掲載されています。
『地域人』第12号

2017.03.30