豊島区・菊かおる薗にて、髙瀨助教・岡村研究員が講演しました

平成29年3月25日(土)、豊島区・菊かおる薗(特別養護老人ホーム)の家族懇談会において、本研究所BSR推進センターの髙瀨顕功助教、岡村毅客員研究員(東京大学附属病院医師)が登壇しました。髙瀨助教は「仏教に学ぶよりよい生き方」、岡村研究員は「認知症に対する正しい知識」というテーマで、高齢者ケアにかかわる心構えと家族のそなえについて講演を行いました。

DSC_0415

≪講演中の髙瀨助教≫

大正大学は、菊かおる薗を運営する社会福祉法人豊島区社会福祉事業団と地域福祉の発展に資するための教育研究活動、人材育成及び事業に関する包括協定を結んでいます。

地域福祉の向上は地域の活力の第一歩です。今後も安心安全な暮らしのために、研究だけでなく、交流も進めていきたいと思います。

2017.03.30