「生物多様性民間参画パートナーシップ 第6回会員会合」にて、古田教授が講演しました

平成29年2月7日(火)、東京・大手町の経団連会館において、経団連自然保護協議会が事務局をつとめる「生物多様性民間参画パートナーシップの第6回会員会合」が開催され、その中で、地域構想研究所の古田尚也教授が講演をしました。講演タイトルは「生物多様性に関するアンケート2016年度結果 及びIUCN世界自然保護会議(WCC)ハワイの概要と成果について」です。

会合についての詳細はこちらをご覧ください。
【経団連自然保護協議会ウェブサイト】

講演中の古田教授
≪講演中の古田教授≫

関連情報

古田教授の連載記事『人間と自然資源』第15回:未来に立ち向かうリゾート[ハワイ]が『地域人』第15号に掲載されています。
『地域人』第15号

2017.02.22