第6回 地域人.CAFE を開催しました

2月14日(火)、地域構想研究所では第6回の「地域人.CAFE」を開催しました。

地域人.CAFEでは、研究所の活動テーマに関連する分野で活躍する様々な方をお招きし、リラックスした雰囲気の中で自由な意見交換・情報交換を行うことを目的としています。

第6回の「地域人.CAFE」の様子

第6回の今回は、服部圭郎(はっとりけいろう)先生(明治学院大学経済学部教授)を講師にお迎えしました。

服部先生は、東京大学工学部を卒業の後、民間シンクタンクに勤務。カリフォルニア大学バークレー校で都市計画とランドスケープの修士、関西学院大学で学位(総合政策学)を取得されています。

主要研究テーマは、環境都市、縮小都市・地域、持続可能社会、都市政策、環境問題とライフスタイル、コミュニティ・デザイン。「ドイツ縮小時代の都市デザイン」、「ブラジルの環境都市を創った日本人」、「若者のためのまちづくり」、「道路整備事業の大罪」、「衰退を克服したアメリカ中小都市のまちづくり」など著書も多数あります。

今回、服部先生には、街づくりや都市環境、コミュニティなどを研究テーマとする服部ゼミでの、『魚らん坂商店街』における地域研究の拠点「ぎょらんラボ」の取り組みなど、商店街と連携して行っている教育・研究活動についてお話をうかがいました。

講義中の服部圭郎先生
≪講義中の服部圭郎先生≫

2017.02.20