山形県 最上町

人が元気 地域が元気 産業が元気 ~キラリ輝く田園空間博物館の創造~

  • 森の育成が雇用や産業の振興に繋がっていきます

  • 町を支える再生可能エネルギーの地域循環型社会システム

  • エネルギーとして間伐材を利用する一方、資源となる森林を育てます

  • 芭蕉が逗留し「蚤虱馬の尿する枕元」の句を残した「封人の家」

  • 貞観5年〈863年〉開湯。時を超えて湧き続ける湯の里

  • 田畑を潤す清流の源

  • 徹底したこだわりの土づくりが上質のアスパラを育てます

  • 広大な草原が広がる前森高原。乗馬やキャンプも楽しめます

  • 「最上早生そば」は風味豊かでかおりが高いのが特徴です

  • 国体も開催された赤倉スキー場。温泉旅館との合宿プランがお薦め

人口

H27.3.31現在 9,416人

面積

330.27㎢

市町村長名

髙橋 重美

合併前の市町村名

昭和29年9月1日合併 東小国村、西小国村

主な観光地

赤倉温泉、瀬見温泉、大堀温泉、巨木、分水嶺、奥の細道、封人の家、前森高原、赤倉スキー場

産業

農業〈米、アスパラガス、ねぎ、にら、椎茸、舞茸、トマト、そば、うるい、たらの芽、りんどう〉
畜産業〈牛〉
林業〈間伐材を利用したバイオマスへの燃料供給〉
観光

特産品・グルメ

アスパラガス、最上早生そば、最上赤にんにく、黒にんにく、やまがた最上牛、くじら餅、硯石〈お菓子〉、しそ巻、いが餅、ラーメン、さいの声〈そば、ヤーコン焼酎〉

祭り・イベント

4月 最上桜まつり
8月 前森高原サマーフェスティバル、赤倉・瀬見温泉まつり
9月 最上まつり、大堀まつり、富沢まつり
11月 秋の大産業まつり、元気なまちづくり町民フォーラム、新そばまつり
1月 赤倉お祭灯まつり
2月 大堀地区鍋まつり
3月 富沢雪まつり、灯々祭

ご当地ゆるキャラ

モガンバ

出身著名人

ケーシー高峰〈タレント〉、ビートきよし〈タレント〉、大場満郎〈冒険家〉

一言ご挨拶・アピール

最上町は少子高齢化社会への対応として早くから「健康と福祉のまちづくり」を掲げ、保険・医療・福祉が連携する「地域包括ケアシステム」を構築し地域福祉を推進しています。現在は「選択と集中、英知の結集によるぬくもりに満ちた元気な地域の再生」を町政運営の基本姿勢として、町民一人ひとりが主役の「自治協同のまちづくり」と「子育て王国」を目指した各種施策に取り組んでいます。
心落ち着かせる緑豊かな大自然とその大自然で育った美味しい食べ物等がたくさんありますので、是非最上町にお越しください。その際には最上〈さいじょう〉のおもてなしでお迎えいたします。

自治体ホームページURL

http://mogami.tv

Facebook