BSR推進センター

BSR推進センターとは

BSRとは、Buddhist Social Responsibility(仏教者の社会的責任)の意味で、社会貢献活動だけではなく、これまで伝統的に行われてきた寺院活動の再評価も含めた概念です。当センターでは、日本各地に存在する仏教寺院を、文化、教育、福祉における地域資源とみなし、地域創生に寄与する寺院の社会参加の在り方を収集、分析をすることで、寺院の潜在的役割の見える化をめざします。また、『地域寺院』などの刊行物を通じ広く社会へ発信することで、地域に根差した寺院の活動をエンパワメントしていきます。

地域構想研究所BSR推進センター

研究員プロフィール

髙瀨顕功

大正大学地域構想研究所BSR推進センター助教。
立命館大学文学部卒業。大正大学大学院文学研究科宗教学専攻博士後期課程単位取得満期退学。博士(文学)。
ペンシルベニア大学客員研究員、上智大学グリーフケア研究所研究員などを経て現職。好物はうさぎやのどら焼き。

小川有閑

大正大学地域構想研究所BSR推進センター主幹研究員。
早稲田大学政治経済学部卒業。東京大学大学院人文社会系研究科宗教学専攻博士課程単位取得満期退学。趣味は大相撲観戦。

『地域寺院』

『地域寺院』は、地域寺院倶楽部会員向けに発行する月刊誌です。 本誌では、寺院が行う地域活動の実践例、インタビューを通じた仏教界の展望、座談会を通じた寺院を取り巻く現状などを紹介し、これからの社会に必要とされる寺院の在り方を探っていきます。

高齢化、少子化、過疎化、家庭の崩壊、自然災害、そして人心の荒廃。日本社会は大きな変革の真っただ中にあります。信仰心の希薄化や宗教への無関心が指摘される昨今ですが、それでも、この殺伐とした社会のなかで、仏教文化に関心を持ち、その教えと救いを求めている人は多くいます。しかし、僧侶は、寺院は、その声にどれだけ応えられているでしょうか。寺院は“社会の資源”ともいわれます。いま、この資源を地域社会のために活かし、なにか行動を起こさなかったら、それこそ近い将来、多くの寺院は“消滅”してしまうかもしれません。『地域寺院』を通して、現代社会における寺院の可能性をともにお考えいただけましたら幸いです(編集長・栗田順一)。

【サンプル誌面はこちら】

『地域寺院』

地域寺院倶楽部

『地域寺院』は、月刊『地域人』の付録として2016年6月に発刊されました。その後、多くの読者から、ご好評とともに、より手に取りやすい方法はないものかとのご要望をいただきました。そして、今回、『地域寺院』を会報としてお届けする、「地域寺院倶楽部」をスタートすることになりました。寺院の危機がさけばれる今日においても、日本各地で奮闘している僧侶がまだまだたくさんいらっしゃいます。仏教の力を信じ、寺院や僧侶に期待を寄せてくださる方々も少なくありません。そのような志あるみなさまとともに、これからの地域社会と寺院の在り方を考え、提案してまいりたい、そのための情報発信・相互交流の場を目指します。みなさまのご参加、お待ちいたします。

地域寺院倶楽部会員特典

  1. 会報誌『地域寺院』を毎月送付
  2. 年に1回開催されるシンポジウムに無料でご招待
    『地域寺院』でご紹介した方を登壇者に迎え、日々の活動についてより詳細かつ実践的なお話をおうかがいする予定です。
  3. 会員同士の交流・研鑽のためのセミナー開催(不定期)
    例:寺院会計のコツ、お寺を使った認知症予防法など

お申し込み

◆年会費:5,000円

以下の申込フォームからお申込みいただきますと、会費請求書と振替用紙、『地域寺院』バックナンバーを郵送させていただきます。


寺院名・団体名

ご住所 (必須)

お名前 (必須)

TEL

メール (必須)

個人情報の取り扱いに関して」に同意する